ホーム >> 宮崎の旬 バックナンバー

宮崎の旬バックナンバー

アールスメロン

2003年12月掲載 2003年12月の宮崎の旬はアールスメロンです。

アールスメロンは果物の王様と呼ばれていますが、その訳はそのアールス独特の香り、とろけるような甘さ。 食べて頂ければ一口で実感していただけます!

交配にミツバチを利用し、外気の入れ替えなどをこまめに行い一株につき一個しか実らせないなど手間隙をかけ、自然の恵みをふんだんに取り入れた、まさに芸術品ともいえるメロンです。

提供:株式会社小林青果市場

日南一号

2003年11月掲載 2003年11月の宮崎の旬は日南一号です。

日南地方の海岸沿いの山の斜面で栽培されている極早生みかんが9月中旬ごろから収穫されています。

薄皮で酸の抜けもよく味の良い品種として全国的に知られています。

通常の早生種と呼ばれる物より、1カ月以上も早く美味しく食べられます。

提供:日興青果卸売市場

巨峰

2003年11月掲載 2003年11月の宮崎の旬は巨峰です。

その果肉は淡い緑色で皮は濃い紫色をし、味が濃厚なのが特徴です。

どのぶどうもそうなのですが、表面にブルームという白い粉が付着しています。これはぶどうの生育段階で発生するもので、害はありません。

むしろこのブルームがキレイにのっている物が美味しいぶどうの証です。

提供:株式会社小林青果市場

次郎柿

2003年11月掲載 2003年11月の宮崎の旬は次郎柿です。

キュッとしまった実と、渋みがなく強い甘味が特徴です。

ビタミンCのほか、ビタミンB1、2、ミネラルが多く含まれ、風邪の予防に効果があります。

また、渋み成分のシブオールとアルコールデヒドロゲナーゼという酵素は、アルコールを分解する働きがあり、二日酔いに効きます。

提供:株式会社児湯青果地方卸売市場

みかん

2003年11月掲載 2003年11月の宮崎の旬はみかんです。

糖度が高く、たっぷりの果汁が特徴です。

豊富なビタミンCのほかに、ビタミンA,Pが含まれ、風邪の予防をはじめ、メラニン色素の沈着を抑制する効果があります。

また、みかん特有のすっぱさであるクエン酸は、疲労回復に効果があります。ほかにも、発ガン物質の抑制効果があるベータ・クリプトサンチンも多く含まれています。

提供:株式会社児湯青果地方卸売市場

へべず

2003年10月掲載 2003年10月の宮崎の旬はへべずです。

果汁だけでなく、果皮も薬味として利用できるのが特徴です。 どんな食品ともウマがあう天然調味料です。

幼果をおろし金で皮ごとすってソーメンなどの薬味とする。 鍋もの、刺身、酢のものに・・ 紅茶、飲料水に数滴しぼり込んでもおいしさが倍加します。

果汁をしぼり、氷と砂糖少々と水を加えてスカッシュするとさわやかな味がたのしめます。

みじん切りにしてみそ汁や、すましにいれるとぐんと味を引き立てます。

漬物には果汁をちょっぴり… 焼酎には輪切りにして。 ねりみそをつくるには皮をみじんに切りみそとねり合わせる。

■平兵衛酢と牛乳の飲物■ 材料(1人分)

●平兵衛酢 … 1.5コ(大きさによってコントロールする)
●さとう … 大さじ1杯強
●牛乳 … 50cc
●水 … 50cc

 [作り方]

1.ボールに平兵衛酢をしぼってこす。
2.さとうを加えてよく混ぜる
3.2に牛乳をすこしづつ加えながら泡立器でよくかきまぜる。
4.水で適当にのばし氷を浮かして出来上がり。 ※さとうは好みで増減する。

提供:日向青果地方卸売市場株式会社

2003年9月掲載 2003年9月の宮崎の旬は梨です。

梨は秋に食べる果物の代表的なもので、あふれんばかりの果汁と甘味で大変親しまれています。

また梨は渇いたのどを潤し、胃もたれや便秘解消などに効果があります。

種類としては新興、豊水、20世紀、新高、幸水などがあり、これからの季節は豊水、新高、新興などがあります。

よいものの見分け方は表面の皮に張りがあり、重みのあるものが美味しいといわれています。

提供:株式会社小林青果市場

宮崎産オクラ

2003年8月掲載 2003年8月の宮崎の旬は宮崎産オクラです。

宮崎産オクラは、宮崎の灼熱の太陽の下で育った、カルシウム・鉄分・ビタミンCを多く含んだ食物です。

オクラのネバネバは水溶性の食物繊維が多く、大腸のぜん動を活性化する整腸剤的な食べ物で、健康的な野菜です。

【お献立と召上り方】

・ヘタを除いて細かくきぎみ調味料、醤油にてかきまぜ花かつおなどまぶして食べる

・フライ又は天ぷら

・バターいため・・・軽くゆでて、バターでいため、ソース、マヨネーズ、三杯酢などで食べる

・お吸物・・・輪切り又は削ってお汁に浮かべる

・漬物・・・生のまま、味噌漬、粕漬、糠味噌漬等

・煮物・・・水洗いして、醤油、砂糖、だしを入れて煮る又は肉や他の野菜と一緒に煮る

・すりおろして卵黄を入れ、うすい醤油味にてかきまぜて食べる

・サラダ・・・軽くゆで、輪切りにしてサラダに加える

提供:株式会社一ツ瀬青果市場

スイートコーン

2003年6月掲載 2003年6月の宮崎の旬はスイートコーンです。

スイートコーンとは、「甘いとうもろこし」という意味で、含まれる糖分が多いこととシャリッとした歯ごたえが特徴です。

スイートコーンは糖からでん粉に変わる速度が遅く、その結果、他のとうもろこしに比べ糖が多く残り、甘みが強くなります。しかし、収穫後は蓄えられていた糖はすぐに減少してしまうので、もぎたてを頂きましょう。

サッとゆでて食べたり、醤油とみりんのたれをぬり、こんがり焼いたり、スープなどに調理されます。

【スイートコーンの選び方・保存法】

・皮付きで、皮がしっとりしていて、パサついていないもの
・茹でる前の物は、冷蔵庫で保存すれば、1日位ならある程度の鮮度を保つことができる
・一旦茹でてから、直ぐにラップにつつみ、充分に冷やしてから冷凍保存する

完熟マンゴー

2003年6月掲載 2003年6月の宮崎の旬は完熟マンゴーです。

宮崎産の完熟マンゴーは、糖度は最低15度以上、重さ350グラム以上で、一度食べたら忘れられない味です。

品種は様々なテストの結果、アーウィン種に落ち着きました。

完熟マンゴーは、ビタミンA・B・C、カルシウム、ベータカロチン、繊維質なども豊富に含まれている果実です。

 

【マンゴーの食べ方の例】

(1)くぼみを上にして、そのすこし横に包丁をいれる。(くぼみのところに大きくて平らな種が入っています。)
(2)種に沿って両端を切り落とす。全ての皮をむく。
(3)果肉は1.5cm程度の角切りにします。種周りの果肉も、種を取り除き同じ様に角切りに。
(4)お皿に盛って出来上がり。冷蔵庫で冷やして食べるととてもおいしいです。

【おいしいマンゴーの選び方・保存方法】

・ 表面にツヤがあり、シワのないもの。
・ 黒い斑点があるもの、中まで入っている可能性があるので避けましょう。
・ できるだけ室温で保存し、うまく保存ができれば、1週間以上もちます。

たけのこ

2003年3月掲載 2003年3月の宮崎の旬はたけのこです。

たけのこを食用にしているのは中国と日本で、一般的に売られているたけのこはほとんどが孟宗竹です。

日本には1700年代に入ってきました。それ以前には、淡竹や真竹の若芽を山菜として食べていました。若芽は食用にされますが、竹の葉や茎は漢方薬として利用されています。

たけのこの皮には防腐効果があるので、おむすびを包むのに適しています。

カリウムが多量に含まれているので、体内の余分な塩分を排泄します。また、えぐみの元になるシュウ酸は結石の原因になるので、結石症の人は控えた方が良いでしょう。

【よいたけのこの選び方】

・ 皮に光沢があり、適度に湿り気のあるもの。
・ ずんぐりしていて太め、短く重いもの。
・ 切り口がみずみずしいもの。
・ 根元に赤い斑点のないもの。

2022年のバックナンバーへ
2020年のバックナンバーへ 2019年のバックナンバーへ
2018年のバックナンバーへ 2017年のバックナンバーへ
2016年のバックナンバーへ 2015年のバックナンバーへ
2014年のバックナンバーへ 2013年のバックナンバーへ
2012年のバックナンバーへ 2011年のバックナンバーへ
2010年のバックナンバーへ 2009年のバックナンバーへ
2008年のバックナンバーへ 2007年のバックナンバーへ
2006年のバックナンバーへ 2005年のバックナンバーへ
2004年のバックナンバーへ 2003年のバックナンバーへ

ページトップへ戻る

  • 我が家の料理自慢
  • オリジナルレシピ集
  • みんなのぬりえ
  • 青果物deクイズ

宮崎県青果市場連合会
〒880-0834 宮崎市新別府町雀田1185番地
宮崎中央青果内 [Google Mapを開く
[TEL] 0985-27-8000 [FAX] 0985-27-7775
グーグルマップへのリンク